仕事の探し方

医療ソーシャルワーカーという仕事は、患者本人やその家族が直面する問題に対して相談、援助を行う医療・保健機関などに従事するソーシャルワーカーのことであります。
主に病院の医療相談室や医事課などの職場で働き、一般的には公立病院や大規模病院などが多いです。
公的な資格は定められてはいませんが、専門職としての身分、資格はまだ確立されていない現状もあります。
役所などの医療関係担当者や医療施設の事務担当が仕事をこなしていることも多勤務先によっては仕事の位置づけや業務内容も大きく違うこともあります。
医療ソーシャルワーカーを国家資格化の働きも検討されていますが、まだ行先は不透明ではあります。
しかし今後の医療福祉においては注目されるものであります。

医療ソーシャルワーカーの資格というものは今はまだありませんが、医療ソーシャルワーカーの仕事が相談や、援助が中心なので、社会福祉士や福祉関係の大学等で勉強をした人がこの仕事に行くのには有利とされています。
学校でソーシャルワークを学び就職先を探すこととなります。
求人や転職先などは口コミによるものが多く、一般公募が少ないのも現状にあります。
この仕事は、入院患者などのプライバシーにかかわることを相談する仕事であるので、病院関係者の信頼できる紹介によって採用が決まったり、ケースワーカーの経験者やワーカー同士の情報交換などで求人を見つけて医療ソーシャルワーカーになることがおほとんどであります。
病院などでケースワーカーやソーシャルワーカーのーの仕事に就き、実務経験を積む中で医療ソーシャルワーカーの職に就く機会を探すのが次善の策と言えます。