MRに向いている人

医療福祉分野で働く専門職を目指す多くの人は、困っている人を救いたいという非常に高い意欲を持っている人がほとんどです。
何らかの原因で困難にさらされている人を対象とする職業ゆえの特色と言えます。
そのモチベーションを下支えしている要因の多くに、自分や自分の家族が医療福祉分野の専門家に助けて貰ったり救われたという経験を持っている傾向があります。
また、自分自身の理想の医療福祉のビジョンが非常にハッキリとしている場合がほとんどです。
しかしながら、就職した現場が必ずしも自分自身が理想とするような医療や福祉が行われている現場であるとは限らないのが現実です。
自分がやりたくないようなことを経営のためにせざるを得ないといった場合もあります。

医療福祉分野で働き続けるためには、そのモチベーションを維持し続ける必要があります。
そのためには、自分が自分の理想に向かっているという確かな実感が必要となります。
そうしたことから理想と大きく食い違う、小さな違和感を日々感じるような環境に身を置くことは大きなストレスになります。
このストレスは、いずれバーンアウトに繋がることになり兼ねません。
このバーンアウトは高い理想を持つ人に多く見られるもので、近年では介護職や看護職の離職原因として取り上げられるようになっています。
非常にやりがいのある職業である一方で、精神的にも肉体的にも重労働であることもバーンアウトの要因の一つでもあります。
努力や頑張りが正当な評価を受けられ、尚且つ理想を叶えられる職場を専門の求人転職サイトで探すことが不可欠です。